日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第3話を紹介!

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜というチンジャオ娘先生のエロ漫画の第3話をネタバレしていきます。

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜は連日エロ漫画ランキングで上位にランクインされている人気のエロ漫画になります。

 

ちなみに、BookLive!コミックの方で途中まで無料で読める様になっておりますので、まずは無料の部分から読んでみて下さい。

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の無料試し読みはこちらから

 

↓   ↓   ↓

 

クリック

 

 

愛美がイキまくってくれますよ〜(*´▽`*)

 

 

手コキが終わり、今度は女の子たちがパンツを脱いで性器を見せる番になり、テーブルの上で恥ずかしそうにしながら股を開いていきます。
初めて見る女のアソコで、弟たちの興奮は最高潮に。
ゆっくり指を挿入して丁寧に膣壁をなぞってみると身体をくねらせて感じまくっていきます。
そんな姉たちの姿を見て、タケルは我慢出来なくなり……

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第2話「姉ちゃんがあんな声で…」姉の喘ぎを聞きながら貪る従姉の味はこちら


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜3話をしっかりとネタバレ

思春期にお互いにイカされ合うという経験をしてしまうと、もう止まらないのが実情です。

 

昼間の練習が大人たちの帰宅で強制的に終了になってしまいました。

 

雑魚寝をする4人にとっては、昼間痴態を見せ合ったペアが側に寝ているのですからたまりません。

 

もちろん、眠れない4人は悶々としています。

 

愛実が不意に、この地方に伝わる風習の話を始めました。

 

田舎に伝わる男女の風習と言えば、夜這いです。

 

この逸話に辛抱たまらなくなったのが発生しました。

 

一番若いタケルです。

 

目標はもちろん涼音ですね。

 

なぜかスケスケな寝間着で寝ていた涼音にのしかかって挿入を試みます。

 

もちろん涼音は止めますが、愛実もヒロトもタケルを止めようとはしません。

 

愛実は興味から、ヒロトは姉が犯されるのを期待してでしょう。

 

タケルのチンコは抵抗なく涼音の中に入っていきます。

 

痛がるそぶりを見せる涼音ですが、タケルが気持ちよさのあまりいきなりピストンを始めると反応が変わりました。

 

ヒロトに見るなと言いながらもエッチな反応が止まらなくなってきたのです。

 

正常位の体勢で気持ちよさげな声を出し、タケルを拒む様子もありません。

 

勢い余ったタケルに中出しされながらキスをされても受け入れてしまいます。


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜3話のあらすじをご覧ください

お互いにイッてイカされてこれからどうなるのかという時に、大人たちが帰ってきました。

 

練習も強制終了となってしまいました。

 

夕食時、4人は昼間のことを反芻しているみたいでそれぞれ上の空といった感じです。

 

その夜昔のように4人で仲良く雑魚寝となりましたが、4人とも昼間のことを思い出して眠れないみたいです。

 

愛実が祖母から聞いたという田舎の風習について話し始めました。

 

なんとそれは夜這いのことだったのです。

 

彼女の話を聞いて一番最初に行動したのはタケルでした。

 

寝ている涼音に抱き着いたのです。

 

我慢できないみたいで、強引に彼女の寝間着を脱がしていきます。

 

愛実は止める様子もなく、涼音に呼ばれているヒロトも動けません。

 

あっさりとタケルのチンコが涼音の中に入ってしまいました。

 

最初は痛がっていたものの、すぐにピストンを始めたタケルに合わせて気持ちよさそうな声を出し始めます。

 

この様子をヒロトに見られていると気が付いて涼音はとてつもなく恥ずかしそうですが、その表情がヒロトを欲情させます。

 

気持ちよさのあまり自分の腰を制御できないタケルはあっという間に射精に近づいていきました。

 

もちろん、外に出す余裕もなく涼音の中に射精してしまいます。

 

射精されながら涼音はタケルにキスされてしまい、理性が吹き飛びそうになっているみたいです。


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜3話を読んだ感想

ある意味中途半端に終わった昼間の行為が4人の脳裏から離れないみたいです。

 

悶々としたまま床に入りはしますが、もちろん眠れるはずがありません。

 

すると愛実が祖母から聞いたという夜這いの風習について話し始めました。

 

彼女の方言からすると中国四国地方と推測できますので、そんな風習があってもおかしくはないでしょう。

 

夜這いの話を聞いてすかさず行動を起こした者がいました。

 

一番年下である意味性欲旺盛なタケルです。

 

涼音に覆いかぶさって最後までしようと彼女の寝間着を脱がしにかかりました。

 

必死という感じではないですが拒否する鈴音に愛実もヒロトも助けることはしません。

 

そのままタケルのチンコは涼音の中に一気に挿入されていきます。

 

すぐに気持ちよさそうな表情を浮かべて喘ぐ姉からヒロトは目を離すことができません。

 

涼音は必死に見るなと言いますがその言葉は届かないようです。

 

タケルのピストンが本格的になり涼音もヒロトのことを考える余裕もなくなってきました。

 

直前で抜いてお腹に射精という高等テクはタケルにはまだ無理で、正常位のまま中に出された涼音。

 

射精の余韻でタケルにキスまで許してしまいます。

 

このキスで涼音はさらにトロっとしていくのでした。

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜を無料で読むなら、BookLive!コミック

 

↓   ↓   ↓

 

クリック

 

 

愛美がエロ〜く乱れてくれますよ〜(*‘ω‘ *)

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第4話「ウチたちも…しよ?」姉を捧げた代わりに抱く従姉弟の身体はこちら

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜無料でネタバレとエッチな画像はこちら